FC2 Blog Ranking にほんブログ村 音楽ブログへ エレキギター弾き方2008年02月
FC2ブログ
:ギター
エレキギター弾き方
エレキギター弾き方について私の経験上、わかる範囲で書いています。記事の中には若干間違っていることもあるかもしれませんが、これからギターを始める方、初心者の方の少しでも役に立てたらいいなぁっと思っています。
カスタム検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トリル
トリルとは
プリングとハンマリングの繰り返しです。
左手だけで音を出すテクニックですね。
ピッキングは最初の一回だけ、あとは左手でプリングとハンマリングを繰り返します。

ちなみに私がよく使うポジションは4弦の0フレットと2フレットのトリルです♪
スポンサーサイト

テーマ:エレキギター - ジャンル:音楽

空ピック
空ピックとは
リズムを安定させるために使うテクニックですが、オルタネイト・ピッキングの場合、音符に休符、タイが出できてつい右手ピッキングの動きが止まりテンポキープがいいかげんになりがちです。
そこで、空ピックを使うことにより右手のリズムを安定させましょう。
簡単に説明すればピックを弦に当てないように空振りをする感じです。

テーマ:エレキギター - ジャンル:音楽

ブラッシング
ブラッシングとは
空ピックでは空振りしてタイミングをとりますが、ブラッシングでは弦をピッキングします。

左手の指を弦に軽くふれた状態でピッキングします。(この時、左指を強く押さえると音が出てしまうので注意!)
音というよりはリズムって感じですね♪
(ブラッシングは×印で表します。)
空ピック同様にリズムに安定感が出ますし、
打楽器的な効果音も得ることができます。

テーマ:エレキギター - ジャンル:音楽

カッティング
カッティングとはその名の通り
コードを刻むような切れのあるプレイです。
ブラッシングを織り交ぜ、鋭いピッキングでおもいきってプレイすると気持ちいいです♪


テーマ:エレキギター - ジャンル:音楽

オルタネイト・ピッキング
オルタネイト・ピッキングとはダウン・ピッキング(↓)とアップピッキング(↑)を交互に繰り返すエレキギターに限らずギターを弾く上でもっとも基本となるピッキングです!

速弾きなどでもよく用いられ安定してリズムがキープ出来るメリットがあります。

これからエレキギターをはじめる方はぜひマスターしましょう。

テーマ:エレキギター - ジャンル:音楽

エコノミー・ピッキング
エコノミー・ピッキングとは
オルタネイト・ピッキングと違い弦移動がスムーズに行えるのがエコノミー・ピッキングです。
たとえば、5弦をダウン・ピッキングして、つぎに4弦を弾くときオルタネイト・ピッキングではアップ・ピッキングになりますが、エコノミー・ピッキングではつづけてダウン・ピッキングになります。逆に4弦から5弦に移る際もアップ・ピッキングがつづきます。

無駄がないのでスムーズで速い弦移動が可能ですがリズムが崩れやすいという欠点もあります。



テーマ:エレキギター - ジャンル:音楽

ミュート


エレキギター弾く時に大事なのはミュートです。
軽く弦に触れてよけいな音(ノイズ)を出さないようにするテクニックです。
弦に指を軽くふれる感じです。
右手を使うこともあります。
(私は左親指のミュートを多用します)
エレキギターはとくにノイズが出やすいので必須です。

テーマ:エレキギター - ジャンル:音楽

ブリッジ・ミュート
ブリッジ・ミュート

bri-m_20080212150354.jpg


ブリッジ・ミュートとは音の伸びを止め、こもった音を出すためのテクニックです。
ヒズミ系(ハードロックなど)の曲でよく使われています。
HRに限らずどんなジャンルにも使われるテクニックなので必ずマスターしましょう!

まず、ブリッジにチョップするような感じで右手を置いて、そのままピッキングします。
ブリッジから遠くに離れないように注意いしてください。
もちろんエレキギターに限らずアコースティックギターでも使いますのでマスターしましょう。



テーマ:エレキギター - ジャンル:音楽

ビブラート
ビブラートとは
主にロング・トーン(ながく伸ばす音)の時に
音に揺れをもたすテクニックです。
ただ単に音を伸ばしていても味気ないおとになってしまいます。
エレキギターでは“チョーキングして戻す”の繰り返しでビブラートをかけるやりかたが一般的です。
どんな感じで揺らすかはプレイヤーのセンスしだいですが、いきなりビブラートをかけるのではなく、まずはその音を伸ばし徐々にビブラートをかけ始めましょう。

歌のうまい人のビブラートを参考にしてみてください。わかりやすいと思います。



テーマ:エレキギター - ジャンル:音楽

チョーキング・ビブラート


チョーキングした状態でビブラートをかけます。
曲によっては、ただ単にチョーキングしただけでは味気ない感じの音だったりします。

エレキギターをプレイするうえで最も気合の入る(魂の叫び的)テクニックといってもいいでしょう!
いろんなギターリストの音を聞いて参考にしてみてください。



テーマ:エレキギター - ジャンル:音楽

ハーモニスク
ハーモニクスとは
学校のチャイムみたいな感じ?の音を出すテクニックです。
やり方は左手をフレットの真上で軽く弦に触れます。右手でピッキングした瞬間(ほぼピッキングしたのと同時)に左手を離します。
ハーモニスクは場所によって出しやすい場所
と、そうでない場所があります。

●出しやすい場所
全弦共通 5フレット・7フレット・12フレット・19フレット


テーマ:エレキギター - ジャンル:音楽

ピッキング・ハーモニスク
ピッキング・ハーモニクス

p-h1.jpg



p-h2.jpg



ピックを短めに(深く)持ちます弦に親指が触れた状態でダウン・ピッキングします。
すると、ハーモニスク音が得られます。
コツとしては右手の角度が微妙で、少し斜めにするとやりやすいかと思います。
ヒズミ系の音でプレイするとより鋭い音が得られます。
はじめは、なかなかきれいな音が出ないと思いますが、なんども練習してマスターしましょう!エレキギターではよく使うテクニックです。

テーマ:エレキギター - ジャンル:音楽

エフェクターとは
エフェクターとは

エレキギターをアンプに直接つないでも出せる音は限られてきます。
そんな時は足元で踏んで音を変えることの可能なエフェクターを使ってみましょう。
アタッチメントとも言いますが、
日本では一般的にエフェクターと呼ばれています。
単純にエフェクターといってもさまざまな種類のものがあります。たとえば、ファズ、ディストーション、オーバードライブ、フランジャー、コーラス、リバーブ、ディレイ、コンプレッサー、ワウペダルなどなどヒズミ系の物からエコーのような物までメーカーも種類もたくさんありますから自分の求める音を出してくれるものを選んでください。
楽器屋さんに相談したり自分の好きなアーティストが何を使っているのか調べてみるのもいいでしょう。

テーマ:エレキギター - ジャンル:音楽

ピックアップ
ピックアップとは
エレキギターのボディーに付いているマイク!
通常はリアで音を拾い、ギターソロではフロントに切り替えたりします。
リアよりフロントのほうがまるい音がします。

●シングル・ピックアップは、
シャープでスッキリした高音サウンドが得られます。
フェンダー・テレキャスター、ストラトキャスターなど一般的です。

●ハムバッキング・ピックアップは、
ノイズも少なく、太い中低音で伸びのある
サウンドが特徴です。
ギブソン・レスポールなどが有名です。

どちらを選ぶかは表現したい曲次第ですが、
ストラトキャスターとレスポールの2本を持っていれば、
だいたいの音は出せると思います。
うまく使い分けてください。

とくにエレキギターはアンプとの相性も重要なので、
アンプ選びも必要不可欠です。

テーマ:エレキギター - ジャンル:音楽

アルペジオ
アルペジオとは
コードを押さえ、ひとつひとつ分散して
ピッキングする手法がアルペジオです。
音の広がりがあり、
やさしいサウンド効果があります。
アルペジオはイタリア語で
ハープを演奏するという意味合いらしいです。
アコースティックギターに限らずエレキギターでもよく使います。
とくにスローな曲で用いられることが多いですね。


テーマ:エレキギター - ジャンル:音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。